夏季野菜きちん保存して美味しく食べて夏バテ知らず!

夏バテ警備にも役立つ栄養素が何かと含まれている夏場野菜は夏場にきちんととっておきたい食物です。野菜が傷み易い夏場だからこそ、そのセットアップ手段についても、正しく知っておきたいところですね。

ピーマン
ビニール包みに入れて冷蔵庫の野菜室で。ゼロ包みに多々入れてある実態、1個が痛むと他にも移り易いので早めに使い切りましょう。
トマト
包みに入れて冷蔵庫の野菜室へ。いまだに青風味が目立つ場合は、常温で長らくおいて赤くなってから野菜室がレコメンド。
レタス
芯部分に濡らしたキッチン用紙を添えて、ラップや包みに入れて冷蔵庫の野菜室へ。
オクラ&ズッキーニ・
新聞などで包み冷暗所でセットアップが長持ちします。
ゴーヤ
真っ先に傷んでくる種と内側の綿をとり、冷蔵庫で密封セットアップしましょう。
なす
1個ずつラップでくるんで冷蔵庫の野菜室でセットアップ。
きゅうり
冷蔵庫の野菜室に立ててセットアップが最善。牛乳パックを半に切ったものを使うとセットアップに便利です。

ちゃんとセットアップするため食物を無駄にせず効果的に使っていきたいですね。スルスル天使は楽天で購入したほうがお得?

古代インカの貰いもの、スペシャル食品「キヌア」

昨今話題の優秀食品の取り分け、ダイエットに効果的だと注目を集めているのが「キヌア」。聞き慣れない方もいるかもしれませんが、キヌアは南米のボリビア、ペルーなどアンデス地方を源とするもので、3,000階級以上前から培養されていました。
見た目はおUSAに些か似ていますが、穀物ではなく、ほうれん草の近コーナーと言われています。重要アミノ酸を洗い浚い含み、使い勝手も豊富なことから、最良栄養素食と呼ばれることもあります。

キヌアの感じとして先ず挙げられるのが、その栄養素価の高さ。精白USAと比べて、たんぱく質は約2ダブル、脂質は約5ダブルも含まれており、脂質は不満杯脂肪酸の1つであるオレイン酸の割合が高いことから、健康に相当良いと言えます。グングンカルシウムは約6ダブル、食物繊維は誠に10ダブルも含まれています。
この他にも、フィトエストロゲンという女房ホルモンに似た適性を持つ成分や、サッカライドや脂質の交替に欠かせないナイアシン、血中の脂質を低下するサポニン、マグネシウム、リン、ビタミンB1、B2、ビタミンEなど、多くの成分を含んでいます。

キヌアは低カロリーなだけでなく、摂取しても血糖数字が急に尻上がりが弱いメニューな結果、ダイエットに効果的です。
豊富なビタミンやミネラルが交代を活発にし、食物繊維が腸内環境を整てくれます。

食べ物に混ぜて炊いたり、茹でたものを野菜と和えてサラダにするなど、用法は様々です。ダイエット中頃の主食としても、日常不足している栄養素を補うためにも、間もなくキヌアが大活躍してくれそうです。ジュエルレインを通販で購入してみよう!